• サイトマップ
  • こんなゴスペルサークル良くないですか!? | ゴスペルを横浜で楽しむならGSゴスペルサークル♪

ゴスペルホーム

  • 私達の想い
  • ゴスペル体験の申込

こんなゴスペルサークル良くないですか!?

こんにちは、「GSゴスペルサークル」です!

今日は私達のゴスペルサークルが
「こんな風になったらいいな~」とか、
ゴスペルサークルの団員に
「こんな風に音楽を楽しんでもらえたらな~」
といった私の思いを熱く語らせていただこうと思います。

このブログで何回か書いているのですが
そもそも、ゴスペルサークルをやってみたいと思ったのは
「天使にラブソングを」という映画を見たのがきっかけでした。

その中に「hail holly queen」という曲を人前で演奏する
場面があるのですが、その場面を見るといつも感動してしまうのです。

登場人物のなかに「メアリー・ロバート」という人物がいるのですが、
最初は彼女は歌をうたう事に慣れておらず、蚊の泣くような声しか
出す事ができませんでした。

しかし、練習を重ね、いざ本番を迎えた時にはソロのパートを
担当するほどになっています。

そして、本番で自分のソロのパートを歌った時に、
自分でも予想していないほどの美しい歌声で歌えて、
本人も驚きながら感動している場面があるのです。

まさにここでいつも感動してしまうのです。
まだまだ日本では歌をうたうという事に
抵抗を感じている人が多いように思います。

特に若い時に歌の練習をしていないと、
大きくなってからでは遅いんじゃないか?
と考えていらっしゃる方も多いと思います。

そんな事は全然ありません!
「天使にラブソングを」は映画なので
さすがにそんな短期間では上達しませんが、
同じような驚きと感動を味わう事はできます。

今まで人前で歌った事のない人が
大勢の人前で歌う事ができる。
それがゴスペルサークルの醍醐味なのです!

そして、「メアリー・ロバート」みたいな驚きと感動を
1人でも多くの団員に感じて欲しい。
そんな思いでゴスペルサークルを運営しています。

このブログを読んで下さった方は是非1度その場面を見てください。
何か感じる物があると思いますよ!



ゴスペルを楽しむならGSゴスペルサークル



スタッフブログ記事一覧

ゴスペル体験のご案内

ゴスペルサークルの参加方法

ゴスペルサークルの映像

ゴスペルスタッフブログ

ゴスペルサイトQRコード


ゴスペル体験のご案内